本番に向けての言葉掛け・先生やママの立場は?

千葉市若葉区 わかば音楽教室 加山佳美です。
ピアノに関る方は、夏はコンクールですね!

さて、「本番」に向けて

指導者としては、曲の解釈、曲を仕上げる、立ち居振る舞い、など色々な視点から「指導」していき、

本番の「舞台」で 生徒さんの持つ力が発揮出来る様に様々な工夫をしていることでしょう。

*ここで、まず「曲の指導」だけしている場合は要注意です!!

次に、レッスン以外の環境=「ご家庭」での過ごし方も大きく関って来ます。

・練習時間
・練習方法
・モチベーション
・マインド
・目標設定
・最終レッスンから「本番の日」までの持って行き方。

各ご家庭のお考えや、お母様の育って来た環境、
お母様の正確や価値観で決まって来ます。

「本番」で生徒さんが本来持つ力と、

練習で培って来た力を充分に「発揮」するためには、

だれかが、リードしないと行けません。
統一された考え方が必要です。

「もっと、励まして欲しいのに お母さんが怒っている」
「ネガティブ発言を繰り返している」

など

良く耳にしたり、相談を受けたりします。

先生もお母様も

「子どもについて」の特質を知っておくと良いのです。

または、先生とお母様が綿密に作戦を立てる!

この年齢ではこういうことを感じやすい。
この場合、こう言った方が良いんだな。

私は、児童心理学や発達心理学を授業で取ったり、
良い先生に出会ったりして、
かなり興味を持ち研究しました。

自分が幼少期おとなしくて表現出来ない子だったから ということもあると思います。

ピアノに関する先生、
ピアノを習わせているお母さん
子どもに携わる方、

やみくもに
励ましたり、怒ったり、悩んだりするのは
もう止めませんか?

技術の伝達だけになり、

子どものヤル気が無くなっていってしまうのですね〜。

どんどん進化し、情報も溢れています。

情報を手に入れ、上手く取り入れた人こそが、成功への道を手に入れます!

The following two tabs change content below.

加山佳美

「わかば音楽教室」主宰。ピアノコース・リトミックコース(グループ・個人)講師。「音楽」を楽しく継続出来る様に個々の成長に添って向き合っています。24年の講師経験から生まれたオリジナルのメソッドでどんな生徒さんでもその才能を開花させ・伸ばしてきました。 そのメソッドを「音楽講師養成講座」でお伝えしていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする